RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリジナルマシンの開発例(前編)

ここではプレイヤーキャラクターが開発する「オリジナルマシン」について解説していきます。

プレイヤーキャラクターは地球圏の未来を背負った新兵器であるオリジナルマシン(試作機)を開発することになります。


1.キルキルカリンのケース

ハテル・オキタが代表を務めているチームが開発している鋼鉄巨人=マシンジャイアント、それがコードネーム「キルキルカリン」です。

コードネームは最初に決めても良いですし、作成の途中や最後に命名してもらってもかまいません。ここでは最初に名付けています。コードネームはそのマシンを開発する上でのプロジェクト名でもあります。最初にイメージだけでも決定しておくとその後の指針になるでしょう。

2.キルキルカリンの能力値

マシンの能力値を決定するためには、まず性能=能力値の合計を算出する必要があります。計算式は下記の通りです。

[基本点+投入した技術レベル+ユニットの種別による修正]

基本点はすべてのユニットで共通して[10]の値です。技術レベルは現在の最高のものを投入することが推奨されています。あえて減らすことも可能ですが、ユニットの性能が低下してしまうため、オススメできません。プレイヤーキャラクターが開発することになるのは人型の戦闘ロボット「マシンジャイアント(MG)」です。MGは「ロボット工学」のレベルが「ユニットの種別による修正」になります。

地球圏の技術レベルは時期によって変化します。また、セッションの開始時期はシナリオによって異なります。

推奨される開始時期は2110年2月です。第2次統一戦争と呼ばれる内戦が勃発して間もない頃になります。この時点の地球圏の技術レベルは[10]の値です。

現在の技術レベルはゲームマスターがセッションの最初に開示します。ゲームの開始時期によっては技術レベルが異なる場合があるので注意してください。

基本点[10]に技術レベル[10]を投入し、ハテルの開発チームのロボット工学の4レベルを加えて、その合計は24点になります。この値が開発するマシンの基本的な「性能」です。

性能はそのまま能力値の合計になり、6つの能力値に分配します。能力値はパワー(力強さ)、タフネス(耐久力)、スピード(速さ)、コンピュータ(知力)、エネルギー(魔力)、マニューバ(器用さ)です。プレイヤーキャラクターを作成した場合と基本的には同様に扱いますが、能力値の上限だけは10点に変更されています。

これらの能力値の中でもとくに重要なのは「マニューバ」の能力値です。この能力値はそのままの値がユニットの「アームズキャパシティ(AC)」になります。ユニットはACに等しい数までの武装を搭載して運用することが可能です。

ハテルはキルキルカリンの能力値の配分をパワーに5点、タフネスに5点、スピードに3点、コンピュータに3点、エネルギーに4点、マニューバに4点としました。

3.キルキルカリンの副能力値

能力値から副能力値を計算します。副能力値にはヒットポイント(HP)とマシンポイント(MP)の2種類があります。

ヒットポイントはどれだけのダメージに耐えられるかの値であり、マシンポイントはどれだけの機械としての活力を備えているかの値です。また、マシンポイントとミスティックポイントはルール上では同様のものとして扱います。

[HP=パワー+タフネス×2+投入した技術レベル]

[MP=コンピュータ+エネルギー×2+投入した技術レベル]

キルキルカリンのHPは25点になりました。HPは搭載する武装によって倍増したり、半減したりします。

MPは21点になりました。MPは搭載する武装の質量や大きさである「必要MP」の合計が負の修正値となります。

4.キルキルカリンの基本能力

ユニットの種別によってその基本能力が決定されます。キルキルカリンのユニットの種別は「鋼鉄巨人(MG=マシンジャイアント)」です。

MGの基本能力は「移動基本値1」「移動能力(陸海空)」「EF能力(有)」「戦闘機動力(有)」「マニピュレーター(有)」です。プレイヤーキャラクターのものと同様の扱いになります。

関連記事
  1. 2010/07/22(木) 17:51:14|
  2. マシンメイカーズ
  3. | コメント:0
<<オリジナルマシンの開発例(後編) | ホーム | キャラクターの作成例(後編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。