RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

研究機関と研究技能

オリジナルのスーパーロボットの開発の下地となるのが研究機関と研究技能です。プレイヤーキャラクターはいずれかの「研究機関」に所属しています。研究機関によってプレイヤーキャラクターが率いる開発チームの技術力である「研究技能」の基礎値が決定されます。


研究機関

世界各地に存在している最先端科学を研究する集団です。大連邦(作中の地球政府です)の要請を受けて新兵器の開発に着手しています。

研究機関は独自の技術力を備えており、それは研究技能として表現されます。プレイヤーキャラクターは研究機関の1つに所属することになり、組織の技術力を土台にして開発を行います。

研究技能

研究機関で開発が進められている各種個別の技術力です。技術レベルが科学全体の水準なのに対し、こちらは特定の分野への習熟度を表しており、武装の開発と運用に関わります。

研究技能が必要な値に達していれば対象の武装を開発・運用することができます。なお、研究技能は開発予算を恒久的に減少させる「設備投資」によって強化することが可能です。

研究技能レベルの度合い

レベル=研究技能レベルの度合い
0=研究機関にその技術のノウハウがまったくない。
1=基本技術だけならある。
2=一通り運用するだけの技術はある。
3=独自の応用が可能である。
4=その分野においては時代の最先端を走っている。
5=通常の科学水準をはるかに超えている。
6=一部の天才を除いて理解不能な領域まで達している。

研究技能とその解説

・ロボット工学

ロボットの基礎設計力です。レベルの分だけ、MGなどのロボットの性能を上昇させることができます。

・バイオ工学

有機体の精製と操作の技術です。人造人間などの生体兵器やバイオコンピュータを開発するのに必要になります。

・エネルギー工学

機体の動力やエネルギーフェノメノンに関する技術です。エネルギー系の武装を開発するのに必要になります。

・精神物理学

精神力を物理的に作用させるための技術です。超能力系の武装を開発するのに必要になります。

・魔道科学

超常的なエネルギーの発生と制御、そして錬金術に関わる技術です。魔法系の武装を開発するのに必要になります。

・考古科学

古代文明兵器の知識と技術です。古代兵器の運用と古代兵器の技術を応用した武装を開発するのに必要になります。

・航空宇宙工学

航空と宇宙に関わる技術全般です。航空系の武装を開発するのに必要です。また、機動力に関わる武装の開発にも用います。

・兵器製造技術

従来型の各種兵器の製造技術とその応用力です。レベルが上昇すると搭載可能な武装が多様化します。

・プログラミング

プログラム関係の知識と技術です。機体と武装を強化するプログラムを開発するのに必要になります。

関連記事
  1. 2010/07/10(土) 17:46:48|
  2. マシンメイカーズ
  3. | コメント:0
<<研究機関1:太陽力研究所 | ホーム | ゲッターロボライクRPG>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する