RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

技能解説3

技能解説の続きになります。

3.ワイルド・シャーマン技能

ルーンマスター技能に相当するライム・スター技能の1つ、シャーマン技能の一種です。精霊魔法ではなく、精霊力を宿らせた同盟精霊(バディ・スピリット)を使役し、クリスタニアのビーストマスターに似た力を発揮する祖霊魔法を使います。

以下、ヘストン・ワールドRPGがよくわかる本からの抜粋


ワイルド・シャーマン技能はソード・ワールドRPGのシャーマン技能に相当する技能です。精霊魔法より原始的な祖霊魔法を使います。動物に祖霊を宿らせることで生み出す同盟精霊(バディ・スピリット)を使役して、力を行使するのです。その姿から、しばしば「動物使い」と混同されます。彼らは自然と調和して生きることをモットーとしていますが、都市部に一時的な滞在をすることもあります(銃を購入するためにはライフル協会と接触しなければなりません)。

ワイルド・シャーマンは不思議な力で怪我を癒してくれる、パーティにとってありがたい存在です。また、バディ・スピリットを連れていることで使用できる魔法は援護能力に長けています。神獣(と呼ばれる特殊な動物)を連れているワイルド・シャーマンであれば、その種類によって、様々なパワーを行使することも可能です。動物・神獣のいずれをバディ・スピリットにするのかはプレイヤーが決めることができます。しかし、ゲームマスターと相談してから決定した方がいいでしょう。シナリオによっての向き不向きがどうしても出てきてしまうからです。

銃劇魔法と比較した場合の弱所として、祖霊魔法は消費精神力を銃弾で代用できないことが挙げられます。この技能の魔法の使用感覚はソード・ワールドRPGのルーン・マスターとほぼ同じものです。戦闘能力を補強するために、精神力を消費しがちなワイルド・シャーマン技能だけでなく、ガンファイト技能とガンマン技能も同時に身につけておくのがオススメです。また、バディ・スピリットを維持するためには精霊力の強い場所で活力を補充しなければなりません。この行為のために毎日数時間の拘束を受けてしまいます。それに大型の動物を街の中に連れ込むことは常識的に考えて困難でしょう。シルバーウルフなどの神獣をバディ・スピリットにしているワイルド・シャーマンは都市の外に神獣を待機させたり、街に連れ込むための工作をしたりしなければなりません。紅いコートの死神教団ほどではないにしろ、この技能の運用は難易度が高く、TRPGに慣れているプレイヤー向けの技能です。

なお、祖霊魔法を使用するためには、

1.金属鎧を着ていてはいけない。

2.両手が塞がっていてはいけない。

3.オートマチック銃器などの複雑な機構を持っていてはいけない。

以上の3つの条件を守らなくてはなりません。

関連記事
  1. 2010/06/26(土) 20:08:57|
  2. ヘストン・ワールド
  3. | コメント:0
<<技能解説4 | ホーム | 技能解説2-6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する