RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖杯戦争イミテーションズの解説その3

カードゲーム『聖杯戦争イミテーションズ』について解説したいと思います。


・ゲームの手順

まずは、ジャンケンなどでプレイヤーの中から一人の監督役(他のゲームで言うところの「親」にあたります)を選出してください。監督役は「聖杯」の最初の所有者になります。ゲーム終了時にこの「聖杯」を持っているプレイヤーが「勝者」となります。

監督役は山札をシャッフルし、ランダムかつ裏向きの状態で各プレイヤーに7枚ずつ配布してください。この7枚が各プレイヤーの最初の手札になります。そして、監督役から時計回りに「外装」と「正体」を裏向きにして場札として配置します。すべてのプレイヤーが配置を終えたのなら監督役の合図で「外装」だけを一斉に開示します。

監督役の左隣のプレイヤーから時計回りの順に手番を得ます。手番を得たプレイヤーは以下の1つを行うことが可能です。

1.戦闘を挑む

戦闘を挑んだプレイヤーはサーヴァントの戦闘力に+1のアドバンテージを得ます。戦闘の詳細については後述の「戦闘について」を参照してください。

2.ドロー(山札から2枚のカードを引く)する

手札の上限は常に7枚です。これを超過するように手札を引くことはできません。手札が6枚ある状態でドローした場合には引けるカードは1枚のみになります。手札が7枚ある状態ではドローすることはできません。

3.再配置する

自分の場札(配置済みの外装・正体・マスターのカード)を回収して、外装カード(表)と正体カード(裏)を再び配置します。回収した段階で手札が7枚を超過した場合には、即座に手札が7枚になるようにディスカードしなくてはなりません。

ゲームの終了条件が満たされるまで手番は時計回りで移り続けます。

ゲームが終了したとき、その時点で「聖杯」を所有しているプレイヤーが「勝者」となります。「勝者」は「聖杯」に蓄積されているキャラクターカードの「外装」の数値(戦闘力)を合計してください。その合計した数値を「勝ち点」として得ることができます。

・ゲームの勝敗の付け方について

1回のプレイで一人の勝者を決定するよりも、複数回のプレイで勝ち点の合計を競い合って順位を決定することを推奨します。特定の回数をプレイするか、誰かが目標点に到達した時点の勝ち点で順位を決定するのがスタンダードな方法です。参加者の人数に等しい回数、参加者の人数×10の目標点が目安になります。プレイ開始時に参加者で相談して決定してください。

関連記事
  1. 2011/12/16(金) 23:37:02|
  2. 聖杯戦争イミテーションズ
  3. | コメント:0
<<聖杯戦争イミテーションズの解説その4 | ホーム | ゲッターロボライクRPG愛蔵版(冊子)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。