RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

リプレイ1

『TIGER&BUNNY RPG』のリプレイです。このリプレイは収録時のシステムが開発段階のものであったため、実際のゲームとは細部が異なっています。また、短く収めるために省略もしていますのでご注意ください。

バニー


GM:今日のゲームは「TIGER&BUNNY RPG」だ! キミたちには企業ロゴを背負ったヒーローとなって戦って貰うぞ!

PL-Y:ヒーローは虎徹やバニーじゃなくてもいいんですか?

GM:ああ、8人・7組のヒーローから自由に選択してくれ。ワイルドタイガーとバーナビーだけは1セットだけどな。タイガー&バーナビー、スカイハイ、ロックバイソン、ブルーローズ、折紙サイクロン、ファイアーエンブレム、ドラゴンキッドの中から選択して欲しい。

PL-F:じゃあ、スカイハイをやるわ。

PL-Y:くっ、即座に最強キャラを選ぶとは!

PL-F(以下スカイハイ):いやあ、一番ロールプレイしやすいから(笑)。

PL-Y(以下ロックバイソン):じゃあ、下位争いに忙しいロックバイソンさんでいきます。

ロックバイソン:キング・オブ・ヒーローにだって勝ってやらぁ!

GM:オッケー。それでは「スカイハイ&ロックバイソン」のお時間です! 舞台設定的には新シーズンがすでにはじまっている。今回は1話の原作ネタでやるけど、そのままではなく、バーナビーがすでに参加済み、ルナティック登場済みの状態です。では、セッションを開始する。よろしくー。

PLズ:よろしくー。

GM:現在のポイントと順位は以下の通り。シーズンは1ヶ月が終わったぐらい。

1位スカイハイ(1000pt)
2位バーナビー・ブルックスJr(800pt)
3位ブルーローズ(700pt)
4位ドラゴンキッド(500pt)
5位ファイアーエンブレム(450pt)
6位ロックバイソン(200pt)
7位ワイルドタイガー(0pt)
7位折紙サイクロン(0pt)

GM:プロデューサーのアニエス=ジュベールから通信が入った。

アニエス=ジュベール:「ボンジュール、ヒーロー。シュテルンメダイユ地区で強盗事件が発生したわ。犯人は逃走中。あなたたちはすぐに彼らを追って逮捕してちょうだい。中継を入れるから派手に頼むわよ!」

マリオ:「お茶の間にヒーローの活躍をお届けするエンターテイメントレスキュー番組ヒーローTV! 今、お届けしているのは逃走中の犯人の車の映像です。まだ、ヒーローの姿はありません! おおっと追跡中のパトカーがクラッシュ!」

GM:犯人は装甲車とロバーズ3体だ。ヒーローの到着順を決定するぞ。1ラウンド目の登場到着はゲームマスターの左隣のPLから判定を行う。2ラウンド目以降は逆回りでラウンド毎に交互チェンジね。

スカイハイ→ロックバイソン

GM:到着判定は<速さ>の能力値に等しいサイコロを振ってその合計を達成値にすることができる。ここでスカイハイは「ジェットパック」を使用して達成値を加算することが可能だ。ジェットパックは使用するごとにスポンサーポイント(以下SP)を3点消費する。ランキング1位のスカイハイの初期SPは30点。

ロックバイソン:質問だ。SPは平等なのか?

GM:イイ質問ですね! そして答えはもちろんNO! 5位のロックバイソンは12点ですよ。ああ、それとスーツ着用だけでSPを使うのでよろしく! スカイハイは2点、ロックバイソンは3点消費するね。

ロックバイソン:なにィーッ!?

スカイハイの現在SP30→28
ロックバイソンの現在SP12→9

GM:なお、この初期値はランキング順位によって決定され、その別名を保証値という。シナリオ開始時にこれを下回っていた場合には保証値の値にまで回復するぞ。

スカイハイ:判定は速さと同じだけのD6かな?

GM:その通り。このゲームは6面体のサイコロだけを使う。判定は能力値に等しい数のサイコロ振るというものだ。

ロックバイソン:了解した。……ロックバイソンの速さは2か。一番苦手だな。

・ロックバイソンの能力値と副能力値
力強さ6/耐久力6/速さ2/知力3/魔力3/器用さ3
HP34/MP25

スカイハイ:もしかして私たちの能力値は偏っているのか?

・スカイハイの能力値と副能力値
力強さ3/耐久力2/速さ3/知力3/魔力6/器用さ3
HP23/MP31

GM:というより突出した能力があるってトコかな。能力値の一般人の平均は2点だぜ。

スカイハイ:高い! スカイッハーイ!

ロックバイソン:ヒーローだけのことはあるってわけか。

GM:あ、そうそう。代用判定をすることもできるゾ。スカイハイのNEXT能力は、魔力ですべての判定を代用することが可能だ。ただし、風を使った演出を宣言して許可されないといけないし、代用判定をすると使用するサイコロの数だけMPを消費するよ。

スカイハイ:OK! MPは温存しよう。では私からだな。スーツを着用してジェットパックを使用する。

スカイハイの現在SP28→25

スカイハイ:速さ3なので3D6だ。ダイスは[3,1,3]で合計……7だ。

ロックバイソン:「スカイハイのやつ、壁にぶつかりそうになってるぜ」

スカイハイ:「くっ、現場までは入り組んでいるエリアが続いていて……速度が出せないっ!」

GM:それでもジェットパックの修正がでかい。出目は7でジェットパックの+10して17の達成値だね。

GM:次にロックバイソンどうぞ。

ロックバイソン:えーと、カタパルトの使用はこのタイミングではない?

GM:いや、カタパルトは最初の出発時にしか使えないね。

ロックバイソン:了解。スーツを着用したうえで、カタパルトから発進だ!

ロックバイソン:「今回は俺がもらったようだな、キング・オブ・ヒーロー!」

GM:ロックバイソンのSP9→8

ロックバイソン:2d6+10で出目は[5,6]+10→21

GM:はや!

ロックバイソン:あほみたいな出目が(笑)

スカイハイ:ムム、素晴らしい。そして素晴らしい!

GM:なお、ヒーローの判定は6の出目を10として数えるゾ。なので達成値は25点だ!

スカイハイ:ロックくんに先を行かれてしまった……。

GM:では他のヒーローたちだ。

タイガー&バーナビー:バニーが判定して3d6で出目は[5,3,4]達成値12だね。

スカイハイ:OKだ。私の方が先行している。

バーナビー:「他のヒーローの動きを観察していれば、出番が被らずに目立てます」

ワイルドタイガー:「お前なあ!」

ブルーローズ:3D6で出目は[6,1,6]の21だ。こいつも早いな!

ロックバイソン:なんて出目だ!

スカイハイ:……Oh

ドラゴンキッド:5D6→[2,2,5,3,4]→16

折紙サイクロン:3D6→[1,2,4]→7

ファイアーエンブレム:ヒーローカーを使用して2D6+10→[1,4]+10→15

ロックバイソン:あれ折紙って速さ6じゃないのか?

GM:彼は手加減のルールを使って能力値を下げて判定しています。

ロックバイソン:本気じゃないのか!

スカイハイ:いや、あれは彼の自信のなさの表れだ!

GM:というわけで登場順が確定したね。それでは続けよう。

マリオ:「でたー! 西海岸の猛牛戦車ロックバイソンだー!」

ロックバイソン:「悪いな虎徹、今回は俺が全部見せ場もってっちまうかもな」

ロックバイソン:空中に力強く飛び出し、アスファルトを削りながら悠然と着地。

ワイルドタイガー:「バニー! 俺たちも急ぐぞ」

マリオ:「ロックバイソンが犯人の車の前に立ちはだかったー!」

マリオ:「前シーズンはいいところのなかったロックバイソン、今日は活躍を見ることができるのか!」

ランキングポイント+25

GM:最初に到着したロックバイソンにランキングポイント+25点が加算された。登場したヒーローは以下の行動をとることができるぞ。

1.アタック(犯人の逮捕を試みる)
2.オブストラクション(犯人の防御体制を崩す)
3.セイヴ(要救助者を助ける。今はいない)
4.ヒーローアピール(アピールしてスポンサーポイントを稼ぐ)
5.待機(情報を集める。ただし、待機するとスポンサーから睨まれてSPが1点減る。

GM:というわけでロック・バイソン行動をどうぞ。

ロックバイソン:「目の前に犯人がいるんだ。どうするかなんて決まってんだろう」

ロックバイソン:犯人逮捕を試みます。

GM:アタックだね。では、攻撃手段を選択しよう。任意の能力値でアタックを仕掛けることができるぞ。

ロックバイソン:とりあえず使えるものを使ってみよう。ドリルを使用して力強さで攻撃だ。肩のドリルが唸る!

ロックバイソン:「喰らいやがれェ」

ロックバイソン:6d6+10→[3,3,4,4,5,5]+10→34

ロックバイソンのSP8→5

マリオ:「ロックバイソンのドリルを使った激しい攻撃だー!」

ロバーズ:「うげえ!?」

GM:力強さによる攻撃「ストライクアタック」が決まった! グループで行動している相手は代表者が力強さで抵抗する。

装甲車:4D6+10→[1,4,4]+10→19

GM:抵抗の達成値は19、これを34から減算してHPダメージは15になった。装甲車に15点のHPダメージ! 丁度HPが0だ。

ロックバイソン:「おっとやりすぎちまったかな?」

ロバーズ:「うわー!?」

マリオ:「これは凄い! ロックバイソンのタックルで車がふっとんだー! 完全に壊れております! おおっと、犯人たちが横転した車から脱出しています」

GM:ロックバイソンは2d6をどうぞ。出目でイベントが起こります。

ロックバイソン:お、イベント表だ。2D6→[4,5]→9

マリオ:「な、なんとー! 犯人が人質をとったー! 犯人の車を避けて停止した車から、犯人が少女を連れ出してしまいました! どうする、ヒーロー!?」

巻き込まれ少女:「た、助けてー!」

ロックバイソン:「卑怯な連中だ! 今、助けにいくぞ!」

GM:というようにイベントが起こることがある。ロックバイソンの行動は犯人の車を大破させて終了。次に到着したヒーローの行動になるぞ。ちなみにイベント表で12を振るとルナティックがでてくるので注意(笑)。

ロックバイソン:それは出て欲しいなあ(笑)

スカイハイ:いかん! 急がねば!

ロバーズ:「近寄るんじゃねえ! こいつがどうなってもいいって言うのか!」

ブルーローズ:「あんたたち、何をちんたらやってるの?」

ブルーローズが到着。

2番手で到着したことでランキングポイント+5pt

ブルーローズ:NEXT能力を使用して魔力で判定。地面を走る氷結波で牽制して人質を犯人に手放してもらう。

ブルーローズ:5D6→[4,5,5,6,6]→34

ロックバイソン:ブルーローズ!? こんなの当てたら犯人死なないか!?

ブルーローズ:「この私がいるかぎり、あなたたちの好きになんてさせないわ」

マリオ:「ブルーローズ! 地面を凍らせて犯人を怯ませた! 少女を無事に救出!」

巻き込まれ少女:「ありがとうございます!」

救助したことでランキングポイント+100pt

GM:殺す気でやってたら氷結粉砕までいきそうだねえ。容赦ねえや。ブルーローズは救出して終了。ここでスカイハイが到着した。

3着以降は到着によるポイントは無し。

NO POINT

イベント表の結果→2d6→[1,6]→11

マリオ:「なんとー! ここで共犯者が合流! 犯人が増えたー!」

GM:ロバーズ3体が4体になったぞ!

ロバーズ:「ヒーローがなんだっていうんだ! 死にさらせえっ!」

GM:演出上のサブマシンガン連射。

ブルーローズ:「ちょ、ちょっと!?」

マリオ:「ここで少女と共にキューティーエスケープ!」

GM:そして演出上のキューティーエスケープ!(笑) 判定のサイコロの1の出目がファンブルレート以上の個数で起こるファンブルのキューティーエスケープと違ってペナルティはないよ。

ロックバイソン:「ただ逃げているだけじゃねえか」

ワイルドタイガー:「ちょ、それ俺の台詞」

スカイハイ:(飛行しながら)「む、あれが犯人か。1人増えているようだが……」

GM:改めてスカイハイの手番をどうぞ。

スカイハイ:「犯人め! いくぞ、スカァァァァイ! ハァァァイ!」

GM:いきなり本気だ!

スカイハイ:空中から風を纏った加速で猛然と突撃します。ルール上はブラスターアタック《風撃》で。

マリオ:「ここで、キング・オブ・ヒーロー! 風の魔術師スカイハイの登場だー!」

GM:魔力で判定だ。

スカイハイ:「狭い道には苦労させてもらったが、もう好き勝手はさせないぞ!」

スカイハイ:6D6で[2,4,4,3,6,3]で26点だ。

ロバーズ:「スカイハイ!? くそ、ロケットランチャーを撃てー!」

GM:スカイハイの攻撃の抵抗を放棄して反撃する。これがカウンターだ。風撃の効果は抵抗半減だから……普通に抵抗してもほぼ無駄な抵抗になるんだぜ。無駄な抵抗は止めた!

スカイハイ:「今日の私の風は一味違うぞ!」

ロックバイソン:マジで死んでしまう、15点で車大破してるのに!

GM:ロバーズのHPは7点。

GM:グループだとダメージは順に適応されるから……3人が倒された(笑)。残り一人が5点ダメージで残り2点。

ロックバイソン:「おい、あの犯人たち大丈夫か?」

マリオ:「おおっとー!? 犯人グループを一気に吹き飛ばしたー!!」

ロバーズ:「うぎゃわー!」

スカイハイ、一斉検挙でランキングポイント+600pt

スカイハイ:「さぁ、もう逃げられないぞ!」

GM:でもロケランがいくよー。

スカイハイ:おっと、そうだった。ロケランがあったな。

GM:2D6+14→[2,3]+14→19

GM:攻撃は速さを使ったライトニングアタックで19点。抵抗判定を速さか魔力の代用判定でどうぞ。抵抗判定の達成値の分だけダメージが減る。

スカイハイ:風を使いながら突撃しているし、ここは魔力判定しよう。6d6→[6 6 5 5 6 3]→43

ロック・バイソン:「キング・オブ・ヒーロー……」

マリオ:「なんだこれはー!? これがキング・オブ・ヒーロー! スカイハイだー! ロケットランチャーの弾頭は風に舞い上げられ、シュテルンビルドの空で散ったー! これは勝利宣言の花火なのかー!」

ロックバイソン:「やられたぜ、スカイハイ」

GM:ではイベント表をよろしく。

スカイハイ:出目は7だ。

GM:イベントはとくになし。そして次はドラゴンキッドだな。

(中略)

ドラゴンキッド「サァーッ!」

GM:ドラゴンキッドが弱っていた最後の一人を確保して終了。イベント表の出目も7でとくになし。事件終了だ。

ロックバイソン:いつも通りのドラゴンキッドだなあ。

ファイヤーエンブレム:「いやん、もう終わってるじゃない!」

ワイルドタイガー:「おい、バニー。おわっちまったぞ!?」

バーナビー・ブルックスJr:「まさかこんなに早く片が付くとは……。さすがはキング・オブ・ヒーローですね」

GM:事件解決したので最後に中継で一番目立ったMVPが選ばれる。そしてその活躍の録画がハイライトとして放送されるぞ。今回はスカイハイの3人一斉検挙だなー。というわけでスカイハイに企業のステッカーロゴを貼っていたプレイヤーはカンパニーポイントを得るぞ。このポイントがあればヒーローの装備とその支援を増やすことができるよ。

プレイヤーはヒーローたちのスポンサーとして扱われている。それを表すのがこれらのルールだ。ステッカーロゴはプレイヤー1人につき3枚まで持っている。1枚は自分のコントロールするPCに貼らなくてはならないが、残りの2枚は任意のヒーローに貼ることが可能だ。なお、1名のヒーローには4枚まで貼ることができる。今回はスカイハイのPLは自分に2枚、ロックバイソンに1枚を、ロックバイソンは自分に2枚、スカイハイに1枚を貼っていた。なのでスカイハイのプレイヤーは2点、ロックバイソンのプレイヤーは1点のカンパニーポイントを得た。

スカイハイ:(カメラ目線で)「ありがとう! そして! ありがとう!」

ロックバイソン:ロックバイソンが車を止めたんだぜ……。

GM:いつも通りのヒーローTVだね。最後にブルーローズがスポンサーのサポートを発動。エンディングにブルーローズが歌ってSPを2点を得た。

ロックバイソン:ブルーローズは最後にSPを補充できるのか! ぎゅう、ロックバイソンはそのうちスーツ無しになるんじゃないか……?

GM:最初の12点が保証値になるよ。順位下がると減るけど。

ロックバイソン:ああ、そうか。って順位低いとすげえキツイ!?

スカイハイ:うむ、これはたいへんだろうな。

ロックバイソン:30点も保証されているキング・オブ・ヒーローに言われた!?

GM:スポンサー様は大事です! というわけでミニセッション終了です。本日はここまで。お疲れさまでした!

PLズ:お疲れさま!

関連記事
  1. 2011/08/08(月) 23:20:49|
  2. TIGER&BUNNY
  3. | コメント:0
<<表紙 | ホーム | TIGER&BUNNY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する