RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

Q&A

ルールブックに記載してあるQ&Aをブログに転記します。これらのQ&Aはブログに載せたものを大幅に加筆修正したものです。


Q:何をするゲームなんですか?
A:ゲッターに乗れ、敵を倒せ! あとは知らん。適当にやっておけ。

Q:ゲッターロボはどれをイメージすればいいですか?
A:もちろん、好きなものじゃ! まったくのオリジナルでもかまわん。お前が脳裏に描く、最強の合体ロボを想像しろ。そしてその夢を仲間たちにも伝えてやるんじゃ!

Q:PCが依頼を受けてくれません
A:そんなまだるっこしいことをせず、拉致して乗せれば済む。

Q:犠牲者が出てしまいました。これでいいのですか?
A:そんな奴のことは忘れてしまえ。覚えていても辛いだけだ。くそっ、エックスゲッターさえ、完璧なら・・・・・・。
A:こんなところで死ぬような奴は生き延びても地獄よ。ここで死ぬのが幸せだ。

Q:単独のマシンがピンチに陥っているぞ! おれたちのダブルエックスで助けにいけないか?
A:エックスゲッターはロボからマシンを拾いに行くこともできるぞ。気合でお前の見せ場にすれば、遠距離からでも即座に合体できるだろう。あとはお前たちの腕次第だ。

Q:地球人類は宇宙の侵略者だ! ここで滅びろ!
A:そんなこと知ったことか! お前が死ねえぇっ!!

Q:「大活劇!」ってどのくらいまでのことが可能なんですか?
A:キミが可能だと思ったのならば、それは可能なのだ!

Q:虚龍帝国の兵器は生物なんですか、機械なんですか?
A:生物ならぶっ殺す! 機械ならぶっ壊す!
A:うむ、どうやら虚龍帝国の構成員と兵器は情報が実体化した存在のようじゃ。情報の単位がザウルスと呼ばれており、そのデータ量が能力に直結するようじゃぞ。これを聞き出すのには苦労したわい。あやつらには拷問が通じんからな。

Q:パワーマシンで突撃したら簡単にやられてしまいました。
A:パワーはチャンスをじっと待って、ここぞという時に襲い掛かるのが格好いいのだ!

Q:虚無なんて気にしないでどんどん回復すればいいよね?
A:人間世界にとどまりつつ、戦うにはそれなりのバランス感覚が必要だぜ。

Q:竜馬さんにそんなバランス感覚はなかったような?
A:だからすぐにどっか行っちゃうんだろ。

Q:マシンを増やしてくださいよ?
A:GET-Xが足りんわい。うちの研究所の動力源にも1つ使っておるしな。それに政府の馬鹿共がマシンは6機までという制限をつけてきおった。

Q:ゲッターロボを知らない人でも遊べますか?
A:これはゲッターを知っている人のためだけに作ったゲームじゃない。ゲームを通して、俺たちがゲッターの面白さを伝えるんだ! という意志でこのゲームは作られている!

Q:チャージってテンションが低いと虚無になりやすいよね、なんでかな?
A:弱いからだ!

Q:合体ロボですから合体するまでは襲ってこないですよね?
A:バカ! 襲ってくるぞ! なんとかしろ!

Q:トマホークってどこから出てくるのん?
A:エックスゲッターのバトルアクスやミサイルはエネルギー の物質化じゃ! しかし、トマホークは搭載しておらんな。

Q:トマホークを地面に置いておいて、スピードメインのロボで拾って使えば強いんじゃないのん?
A:武器はエネルギーに戻るので、それは不可能じゃな。パワーメインだけでなく、どのロボでもそうじゃ。あと、トマホークは実装しておらんと言ったじゃろう。

Q:このゲーム、エネミーが多すぎます。駒が足りません。
A:サイコロを駒にすることを考えています。3色の6面体のサイコロでトルーパーを表すのがオススメです。サイコロの目を現在の生存力にすることでその管理も同時に行えます。ソルジャーを8面体、コマンダーを10面体、ジェネラルやロードを20面体にすると分かりやすくなるでしょう。

Q:リフレクターとジャマーのダメージ半減と回避のダメージ半減が重なりますか?
A:もちろんだとも! 武装の効果で半減して回避でも半減! どう計算しても1/4になるぞ!

Q:計算で端数が出た場合にはどうしますか?
A:うむ、端数などはすべて切り上げてしまえ! なんでもかんでもアッパーなのがゲッターだと儂は思う!

Q:綿密な計画を立てながら冷静に戦うべきですよね?
A:それはやめておけ。テンションが上がらないとエックスゲッターは真の力が発揮できん。それにゲームとしても方向性が違うんじゃないか。お前がクールな性格だというのなら、その計算高さをその胸に秘めてハイテンションで行くのじゃ!

Q:自壊するような連中が、どうして帝国を構成できるくらいの数も存在しているのでしょうか?
A:下級トカゲから上級トカゲに進化していったのではなく、コマンダーから下級のトカゲが分化していったのだと考えるならば、ある程度は説明がつく。まぁ、仮説じゃがな。
A:蜂の巣みたいなものだな。複数の女王バチが協力すれば、ハチの帝国も作れるだろう。俺はそう考えてる。
A:たくさんいるなら、減らしてやるだけだぜ!

Q:ひゃっはー! 破壊だー! ぶち壊せー!
A:信じがたい愚か者だ。破壊をなんと心得る。弱者を一方的に嬲る……そんな無意味な破壊をする者共は我ら虚龍にとっても敵である。俺の剣にて八つ裂きにしてくれようぞ。
A:目に見えるものをただ壊すだけ・・・・・・そこには何の美しさもないわね。
A:研究もしないで破壊するなんてもったいない! せっかくですから隅々まで調べつくしてから破壊した方が良いではありませんか。素晴らしいものなのですから。
A:破壊は神聖な行いだ。そんな有様では真の破壊には到達できはしないだろう。

Q:文明が素晴らしいって言いますけど、何が素晴らしいのか、全然分かりません。
A:素晴らしいではありませんか。そこは分かっておきなさい。

Q:破壊が好きな虚龍がどうやって組織を創ったんですか?
A:伯父様がシステムを考えて構築し、協力した方がより大きな破壊をもたらせることを証明したのよ。それ以前は破壊を求める群れでしかなかったわけ。破壊欲求を制限させられるので、不満を持っている輩も多いけどね。
A:皇帝陛下が戦いの指揮をするようになってから格段に武功が挙げられるようになったのは事実。
A:昔は破壊の長がもっとも尊敬されておりました。皇帝陛下は全てを変革したのです。
A:だが、皆が従っているわけじゃない。今でも悪い報せを伝えた部下を殺すコマンダーはいるし、破壊してもらえるからこそ情報を持ち帰るトルーパーもいる。破壊はするのもされるのも神聖な行為だ。我に破壊してもらいたがっている部下は多いぞ?

Q:どうやって作戦をたてればいいんですか?
A:お前に破壊したいものはあるか? 破壊されたくないものはあるか? 思い浮かんだら、それを破壊しろ。そうすればエックスゲッターがやってくる。そうしたらエックスゲッターを破壊しろ。
A:エックスゲッターと面白くてやりがいのある戦いができるように考えてみるのはどうかな? 部隊の構成を工夫する、戦う地形にこだわる、驚くような能力を持った者を戦士に選ぶ……等々だ。もちろん戦う時は正々堂々とな。
A:エックスゲッターに大打撃を与えられるような新兵器、文明を効率よく破壊するための前線基地を創りましょう。それでいきなり攻撃を仕掛けるのも良いですし、それを調べに来たパイロットを歓迎するのも良いでしょう。
A:パイロットの身辺を探ってみるのはいかがかしら? 家族や友人、昔の職場や学校の知り合い、整備員や研究者、研究所を快く思わない権力者、戦いの犠牲者の遺族、いろんな人がいるはずよ。その人達の心の中にちょっと踏み込んで破壊を起こさせる。ね、簡単でしょ?
A:ちょっと事件が物足りないなと思ったら「帝国作戦会議」を開催したまえ。会議は重要だ。導入、戦闘前、情報を行き渡らせたい時、いつでも使える。

Q:なんで、戦力を小出しにするんだ? 一気に攻めてくれば勝てるのに?
A:相手に見合った戦力で破壊しないと、宗教的に意味がないのよね。ただ勝てば良いというわけじゃないの、これは神聖な儀式なの。
A:少ない手勢で強大な敵を破壊する、これこそ栄光だ。エックスゲッターほど破壊しがいのある強敵はまずいない。多くのコマンダーが、自分と自分の部隊に出撃させてくれと、俺の元に頼みに来ている。
A:実に下劣な質問だ。利益のために戦争をするような奴らには理解できないか?

Q:基本のエネミー数だと、すぐに全滅してしまいますよ?
A:さすがはエックスゲッターということか。この数では相手にもならんとはな。俺たちは侮っていたようだ。
A:破壊しがいがあってたいへんよろしい。知識の長よ、次の部隊は前回の倍だ。
A:僕の計算によればソルジャーを3機追加するだけでバランスがとれそうですが……。
A:ただ数を増やすだけじゃ芸がないのじゃなくて? 何か心を破壊するようなとびきりの罠を仕掛けましょうよ。
A:第一皇女よ、作戦があるようだな。ならば、帝国作戦会議を開くのだ。

Q:愛とかどうでもよくないっすか?
A:なぜ分からないのかしら。この世で一番尊いもの、それが愛なのよ。

Q:ゲッターのキャタピラの音が聞こえるぅぅぅっ!?
A:まさか、作戦に合わせて装備を変更することさえも可能だとは、なんと素晴らしい! もしかしたら僕たち虚龍よりも応用力に長けているのかもしれません。
A:恐るべしはエックスゲッターか! すべてのマシンにロボ用のキャタピラを搭載することが可能だとはな。こちらの常識を覆してくれる。フッ、そうでなくてはな!

関連記事
  1. 2010/09/27(月) 17:14:00|
  2. ゲッターロボライクRPG
  3. | コメント:0
<<人造人間って強すぎる? | ホーム | ゲッターロボライクRPGの遊び方(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する