RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

リプレイ第8回「見敵必殺」

第8回「見敵必殺」

デビルバスターズのリプレイになります。


プレイヤーキャラクターとその仲魔


橘立花(たちばな りっか)
レベル6 HP11 MP16(14)
属性ライト・カオス
力強さ:1 耐久力:2 速さ:3 知力:6 魔力:2 器用さ:2
アイテム:PDA(モバイル)、厚手の冬服(軽装防具)
仲魔:ピクシー


ピクシー/妖精
レベル2 HP5 MP8(4)
属性ノーマル・ニュートラル
力強さ:1 耐久力:1 速さ:3 知力:2 魔力:2 器用さ:1
耐性:衝撃反射
弱点:呪殺、肉体
魔法:ジオ、ディア


木城条司(きしろ じょうじ)
レベル4 HP12 MP10
属性ライト・ロウ
力強さ:4 耐久力:2 速さ:2 知力:2 魔力:2 器用さ:2
アイテム:小型武器(サバイバルナイフ)、ハードジャケット(軽装防具)
転生:マスクドライダー


数藤耕市(すどう こういち)
レベル3 HP8 MP14
属性ノーマル・ニュートラル
力強さ:1 耐久力:2 速さ:1 知力:3 魔力:4 器用さ:2
アイテム:トレンチコート(軽装防具)、鎖帷子(軽装防具)


児玉三珠(こだま みたま)
ノーマル・ニュートラル
レベル3 HP10 MP9
力強さ:1 耐久力:3 速さ:3 知力:2 魔力:2 器用さ:2
アイテム:弓矢、ケース


GM:そんなこんなでみんなは異界に突入した。周囲の状況は元の世界とほとんど同じで廃ビルの屋上だ。ただし、空はどんよりと曇り、建物の周囲は靄に包まれていて何も見えない。

コーイチ:ボクは無事ですか!?(楽しそうに)

GM:酷い目に遭いたいのか?

ジョウ:それを阻止するためにソッコーで追いかけたぜ。

ミタマ:放っておくのも心配ですから。

リッカ:私を置いていくなんて! 私は放っておいてもいいの!?

コーイチ:はっはっは。リッカちゃんや、そんなに焼き餅を焼きなさんな。

ミタマ:うーん、リッカさんはまだ安心なんですけどね。

ジョウ:こっち(コーイチ)は1人だと何も出来そうにないからな。

コーイチ:溢れんばかりの人望のせいだと、勘違いして悦に入ります。

リッカ:ジョウさんよりめんどくさい人だわ!

ミタマ:異界ですけど、周囲に悪魔はいませんか?

GM:今はリッカのピクシーだけだね。下の階にはいるかもしれない。

ジョウ:ジョッカーの秘密基地から脱出するには幹部を倒さないといけないんだったな?

ミタマ:それって異界の主のことかしら?

ジョウ:そう、それ。ジョウはこういうキャラなので台詞はテキトーに変換してくれ。

GM:閉ざされた異界はそうだね。その主を倒して異界を消失させないかぎり、脱出することは不可能だ。トラエストの魔法を使えば例外的に外に出れるけど。

ミタマ:トラエストはトランス系の15レベルの魔法じゃないですか。あたしたちには手が届きませんよ。

ジョウ:1番高いリッカで6レベルだからな。

コーイチ:そんな魔法、必要ナッシングですね。我々、数藤探偵事務所の所員一同が力を合わせれば、異界の主など物の数ではないのです。ひょひょいっと倒してしまいましょう。

リッカ:そんなものに入った覚えはないって!

ジョウ:フッ、ジョッカーの怪人を倒すのはおれの使命だからな。

ミタマ:木城さんは否定しないんですね。・・・・・・もしかして聞こえてないだけ?

ジョウ:もちろんだとも!

コーイチ:なかなかやりますね。どうやらジョウくん。きみがボクのライバルのようだ。

GM:いったい何で張り合っているんだ?

コーイチ:ダメさ。

ジョウ:おい。

ミタマ:階下の様子を見てみましょう。何か上がってくるかもしれませんからね。

リッカ:・・・・・・ミタマさんはマイペースですねえ。

GM:階段の踊り場に何か悪魔がいるぞ。妖精のようだ。

リッカ:さっきまでいなかったのに!?

ジョウ:なにっ!? 敵か!!

コーイチ:ひ、ひぃ、ボクを守れー!(笑)

ミタマ:楽しそうですね、数藤さん。

GM:リッカだけ見覚えがある。はじめて悪魔召喚プログラムを起動したときに出現した悪魔だ。

リッカ:ピクシー、ジオォーッ!! 3点消費、私も協力して3d6+4で判定、達成値19!

リッカのMP11/16

全員:(笑)

リッカ:黒こげにならなければさらにジオ! 雲散霧消するまでジオ! ジオ! ジオ!

GM:なにその過剰反応?

リッカ:私はこいつに殺されたのよ!?

GM:1発目、10点抵抗して9点ダメージ。焦げたけど、まだ立ってる。

リッカ:2発目! 3点消費、3d6+4で――

リッカのMP8/16

コーイチ:ボクも協力する!

ミタマ:あたしも。

ジョウ:え、じゃあ、おれもだ!

リッカ:みんなありがと。6d6+4で・・・・・・電撃27点!

GM:そりゃ、無理だ。消し炭になって消えた。

ミタマ:今更ですがイニシアチブはいらなかったのですか?

GM:様子を見ていたときにいきなり魔法だからね。今回は無しでいいよ。妖精ゴブリンを倒した。相手の持っていたMPを3点獲得したよ。

リッカ:COMPで吸います。6点使って、3点のバックか。まぁ、こんなものかな。

リッカのMP11/16

コーイチ:すごいや。この小学生、容赦なさすぎる。これは頼りがいがあるなあ。

ミタマ:あたしは目を丸くしてしまいますね。この子の過去にいったい何があったの? って(笑)。

ジョウ:悪は倒れた。だが、あれが最後の悪だとは思えない。戦え、デビルバスターリッカ! 悪を滅ぼすその日まで!

リッカ:合点承知!

GM:盛り上がっているなあ。

ミタマ:悪魔は1体だけだったんですか?

GM:1体だけだったね。きみたちの様子を窺っていたようだ。

ミタマ:偵察だったのかな? ・・・・・・罪もない通りすがりの悪魔を消し炭に変えたような気もするけど、気にしないことにしましょう。

リッカ:これは私自身の敵討ちだよ。復讐するは我にあり!

ミタマ:いちどでも やられたのなら がまんしない やりかえします にんげんだもの ・・・・・・みたま

コーイチ:なにそれ?

ミタマ:にんげんだものです。

ジョウ:みつO?

リッカ:みつOかな。

ミタマ:末尾をにんげんだもので締める高尚な遊びです。

GM:高尚?

リッカ:なら言い直すわ。復讐するは我にあり! にんげんだもの。・・・・・・りっか。

ミタマ:そうそうその調子。

コーイチ:やっぱり類友なんじゃ?

ジョウ:朱に交わったのかもしれんよ。

コーイチ:そうかもしれないね。ほんじゃ、さくさく進みましょうか。階段を駆け下ります!

ジョウ:なっ!?

GM:はいはい、7階についたよ。

ジョウ:待たんか! 追いかけます。

リッカ&ミタマ:追いかけます。

GM:7階の様子は現実世界とそれほど変わらない。相違点は人の気配のようなものを感じることだね。

コーイチ:何かいるのかな?

ジョウ:コーイチ、もう少し気をつけろ。悪魔に襲われればたまったもんじゃないぞ?

コーイチ:そうそうデストラップなんて無いでしょう。

GM:そんなこと言ってたらあっさり死んだりしてな。

コーイチ:望むところ!

リッカ:望むの!?

コーイチ:馬鹿は死ななきゃ治らないって言うじゃない。だから1度死ぬまではこの調子でいきます。よろしくー。

ジョウ:うーむ。何度も死ねるこのゲームだからできることだな、それは。

ミタマ:復活判定がありますからね。最初の死からは判定無しで戻って来れますし。数藤さんのことですからそんなことは念頭に置いていないんでしょうけど。

コーイチ:うん、コーイチは考え無しなだけ。痛い目に遭うと覚えるよ。というかアレだね。痛くしなければ覚えませぬ。ってやつだ。

GM:痛くされる側が言う台詞か、それ?

リッカ:パーティを瓦解させない程度でお願いね?

コーイチ:失敬な! パーティを瓦解させるような奴はヘタレの風上にも置けん! ほどよくピンチを誘い、1人で果てる! これぞ、ヘタレ道よ!

ミタマ:拘りがあるんですね。

ジョウ:方向性は違うんだが、分からないでもない。

コーイチ:そんなわけですから、どんどん進みます。まずは東棟へ。

リッカ:最初は中衛に入ろうとしていたのに。小者っぽさはどこへ行ったの?

コーイチ:過去は振り返らない。常に前だけを見つめるのさ。一度は(現実世界で)通った道だし、調子に乗って気が大きくなっているのですよ。・・・・・・ほんとは好き勝手やっているだけサ!

ジョウ:自由すぎるよ!(笑)

GM:東棟では机が1セットだけぽつんと置いてある。そこで女性が何か書類仕事をしているぞ。

ミタマ:女性、ですか? どんな見た目の?

GM:OLに見えるね。

リッカ:なんでこんなところに?

ジョウ:オーエルかよ!

コーイチ:OLに何か問題が?

ジョウ:OとLじゃない。オーエル! ・・・・・・なんだが、知らないよなあ、普通そんなの。

GM:ジョウは知っていても良いよ。その方が面白そうだから。まぁ、きみは1レベルの頃からデビルバスターを名乗っているくらいだからどこかで話に聞いたことがあるんだろう。

ジョウ:よし、ではブレーキを踏まないことにする。みんな、奴はオーエルだ!

リッカ・コーイチ・ミタマ:OLですね(笑)!

コーイチ:GM、話しかけます。もしもしそこのお嬢さん。こんなところで何をしていらっしゃるのですか?

オーエル:仕事よ。正確にいえば、仕事の準備だけど。次の会社が入居してくるまでに終わらせておこうと思って。

リッカ:次の会社?

オーエル:そう、前の会社は出て行ってしまってね。次の紛れ込む会社を待ってるのよ。私、オーエルだから。

ジョウ:分かったぞ、お前が黒幕のジョッカーの怪人! ビル解体を邪魔していたのだな!!

オーエル:彼は何を言っているの?

リッカ:私にも分かりません。ジョウさん、ドウドウ。

ジョウ:おれは馬か!

ミタマ:検討はついていますが、説明する知識をキャラクターが持ち合わせていませんからね。リッカさんと一緒に木城さんを止めしょう。

コーイチ:それじゃあ、2人が止めているうちに。お仕事中に失礼しました。しかし、このビルは解体が決まっているんです。すみませんけど、他に移っていただけないでしょうか?

オーエル:・・・・・・そう、ここがなくなってしまうのですね。

GM:と、彼女はイスから立ち上がった。

ジョウ:みんな、油断するな、こいつは悪魔だ!

リッカ:あくま?

ミタマ:木城さんの口を塞いでしまいましょう。

コーイチ:ミタマくん、ノリノリですね。

ジョウ:もがー! もがー!(笑)

オーエル:失礼ですね。私は天使オーエル。労働という名の祈りを神に捧げるもの。

ミタマ:天使の名前の~エルと、OLを掛け合わせたダジャレ悪魔ですね。

GM:はい、その通りです。属性はノーマル・ロウ。カオスのリッカとはソリが合わない。

リッカ:むむ、なんだか他人を見下ろしている態度が気に入らなくなってきたわ!(笑)

オーエル:私も思い思い好き勝手に振る舞っているあなた方を見ているといらだちを覚えます。

コーイチ:いやいやいや。お嬢さん、待ってくださいな。ボクたちは敵じゃありませんよ。

ミタマ:説得で事を終わらせるつもりですね。おっと、ジョウさんの戒めが解けてしまいました。うっかり。

ジョウ:ちょ、おま。それは行けってことだな? 今! デビルバスタージョウがいく!

GM:では、ジョウが飛び出したところで今回は終了です。第1部完!

ジョウ:打ち切りかよ!?

GM:お前の台詞、どこぞの魔神竜かと思ったわ。

リッカ:・・・・・・今、2部よね?

ミタマ:この冗談に意味はないと思います。
関連記事
  1. 2010/05/30(日) 17:24:30|
  2. DBリプレイ
  3. | コメント:0
<<リプレイ第9回「新入社員?」 | ホーム | リプレイ第7回「みんな、ボクを守れ!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する