RGMメンバーズ/GM研究会

非電源ゲームを製作しているサークルのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲッターロボライクRPGの遊び方(1)

ゲッターロボライクRPGの遊び方の紹介です。本作のシナリオは以下のような構造を持ちます。


シナリオの構成

本作のシナリオは以下のようなパートを組み合わせて構成されています。

各パートは必ず必要なわけではありません。それに1度限りに制限されているわけでもありません。シナリオによっては特定のパートが無かったり、何度も挿入されたりします。順番だって入れ替わることがあります。

1.フリーパート

GMが自由に設定できるパートです。必要に応じて差し込むことができます。

シナリオ開始直後の研究所でのシーンや虚龍帝国の作戦実行シーン、スレイブが出現したシーンなど、任意のものを展開してください。

2.作戦会議パート

虚龍帝国が作戦会議を行うパートです。これは「NPCコントロール」の一種です。皇帝はこの会議を「帝国作戦会議」と呼んでいます。

GMが今回の作戦を発案した幹部、プレイヤーが他の幹部を演じて作戦会議を行います。これによってプレイヤーはエネミーの作戦計画に介入することができます。

各幹部の詳細な情報については「虚龍帝国の幹部」を参照してください。

・戦技の長(武人)

他の幹部の作戦の際には「正々堂々としているか」「どんな戦術で攻めるのか」「部下の処遇をどうするのか」などといったことを気にします。

・知識の長(発明家)

他の幹部の作戦の際には「地球文明の何を破壊するのか」「新兵器を使うのか、どんな性能なのか」などといったことを気にします。

・第一皇女(謀略家)

他の幹部の作戦の際には「その作戦でいかに精神的な破壊をもたらすか」を気にします。また、人間の友情や愛などをとにかく賛美し、それを破壊できるように口を出します。

・破壊の長(芸術家)

他の幹部の作戦の際には「破壊の新しさ」や「破壊についてどのように考えているのか」を気にします。また、芸術家肌であるため、作戦内容に何らかのこだわりを見出そうとします。

・虚龍皇帝(指導者)

会議中は幹部たちの良いところを引き出すような質問をするように心がけています。また「戦術について何か聞いておきたいことは?」「何か聞きたそうにしていたな、言ってみるが良い」と会議が円滑で公平に進むように水を向けたりもします。

3.戦闘パート

戦闘がはじまります。バトルフィールドとなるヘクスシートにエネミーを展開してください。エネミーの配置が終わってからPCがエックスマシンを配置します。

ヘクスシートは本書に付属しているものをコピーして使用してください。必要に応じて拡大することをオススメします。

エネミーの配置はGMの自由裁量です。エネミーの初期配置はシナリオによっては特徴的なものになるかもしれません。

エックスマシンの配置に制限をかけることもできます。PCが不意を打たれたときなど、エックスマシンの配置をエネミーよりも先にすることも可能です。

展開の一例としては、バトルフィールドの一方の端にエネミーのコマンダーを配置します。次にソルジャーをその前方に展開します。さらに前方にトルーパーを同種ごとに集めて置いていきます。それからプレイヤーにエックスマシンをエネミーとは反対の端に配置してもらいます。

シナリオの例その1

1.虚龍帝国がひどい攻撃をする
2.それをPC/NPCたちが目の当たりにする
3.PCが「奴ら許せねぇ!」と激怒する
4.勝負だ! ドワオ!
5.地球はエックスゲッターが守る!(〆)

シナリオの例その2

1.オープニングでゲストが登場する
2.災害のシーンでゲストが酷い目に遭う
3.「ぐははははは、そいつを助けていたら合体できまい!」とか敵がゲスっぽく笑う
4.戦闘。PCたちが「そうはいくかーっ!」と奮起して逆転
5.敵が「ぐ、ぐわー」とか叫んで敗北。勝利!(〆)

シナリオの例その3

1.PCの一人が彼女といちゃいちゃする
2.虚龍帝国が彼女のいる町に致死ウィルスをばらまいた!
3.苦しむ彼女を見るシーン。PCが「何かできないんですか!?」と解決しようとする
4.すると、敵を規程ラウンド以内に倒すと治ることが分かる
5.戦闘
6.カットインを使うと病魔に苦しむ彼女を応援できる。「俺も頑張っているぞ、君も病と闘うんだ!」というように。
7.エネミーを倒せたので万々歳!(〆)

関連記事
  1. 2010/09/24(金) 17:59:09|
  2. ゲッターロボライクRPG
  3. | コメント:0
<<ゲッターロボライクRPGの遊び方(2) | ホーム | 虚龍帝国(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

富士山鷹茄子

Author:富士山鷹茄子
当ブログでは製作したゲームの宣伝とサポートを行っています。

GM研究会は「ゲーム制作同好会」です。RGMメンバーズは同好会内の有志メンバーになります。

イベントに参加するサークル名を『RGMメンバーズ』で統一することにしました。

次回参加するイベントは5/14(日)開催のゲームマーケット2017春になります。
また、コミックマーケット92は当落発表待ちです。

連絡先
rgmm.works@gmail.com
(@は小文字に変換してください)
送信から1週間が経過しても返事がない場合、メールが埋もれている可能性があります。再送していただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

挨拶 (22)
告知 (39)
作品リスト (1)
デビルバスターズ (22)
DBリプレイ (17)
ヘストン・ワールド (21)
ゲッターロボライクRPG (29)
マシンメイカーズ (84)
カミナリ! (2)
Gの影忍 (1)
TIGER&BUNNY (21)
聖杯戦争イミテーションズ (16)
放課後プレイRP (6)
DDBB (4)
G&P (9)
健全ロボ (1)
徒然 (10)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。